宮城県沿岸北部に位置する『気仙沼エリア』の海釣りポイントの場所や雰囲気、釣れる魚をご紹介!
楽しい海釣りの参考にしてみてください!

スポンサーリンク

気仙沼エリア

石浜漁港

港内ではカレイや根が点在する為、アイナメを投げ釣りで狙えます。夜はアナゴもねらい目。

防波堤の外側はテトラや根が多く、アイナメ、ソイなど根魚のポイント。作業場前の岸壁ではウミタナゴやチカ、投げ釣りでカレイ、アイナメ、アナゴが狙えます。

夜はメバリングもOK。

宿漁港

船や流れ込みが多く隙間に竿を出す必要があり!工場の排水周辺や係留船、岸壁周辺はウミタナゴのポイント。

夜は常夜灯の周りをじっくり攻めるとソイ、メバルが◎

鯖立漁港

カキむき場周辺ではウミタナゴが◎港内は夜釣りでソイ、メバル。投げ釣りはカレイ、アイナメが狙え良型も。

小鯖漁港

防波堤先端付近がポイントでカレイ、アイナメが釣れる。防波堤まわりはスルメイカ、ヤリイカがシーズンにはやってくる。

ルアーやブラクリでアイナメなどのロックも楽しめる。

気仙沼港

港内全体がポイント!トイレや公園もあるため、ファミリーにも◎岸壁をじっくり探ればアイナメやソイ、ちょい投げはハゼが釣れます。

常夜灯が多いので、夜釣り楽しめます。ルアーでソイ狙いも◎

夜の気仙沼港はこんな感じです!
最近の気仙沼港付近の様子です。

大谷漁港

サーフではヒラメやマゴチのルアーが面白い。港内の投げ釣りではカレイやアイナメ。季節によってはアジがサビキで狙える。

灯台のある防波堤は、ソイやアイナメが◎

根が多いので根掛かり対策が必要!